ダイエットや病気は薄毛になりやすい?タンパク質と海藻類も関係あり

薄毛の原因はダイエット

きびしい食事制限や特定の食品だけ摂るといった無理なダイエットをしていませんか?

 

私もそうですが、気軽にはじめたダイエットで自分では気がつかないうちに薄毛になり、しまいには病気になってしまうこともあります。

 

また、病気から抜け毛薄毛になることもあります。薬の副作用とかでなく、病気そのもので抜け毛や薄毛になってしまうのです。

 

そうならないために、食べ物に気をつけなければいけません。いや、食べ物を気にし過ぎて抜け毛や薄毛になることもあるので、いかにバランスが大事かということになります。

 

タンパク質が薄毛を左右する?

ダイエットではタンパク質が大きく関わってきますので注意が必要です。タンパク質の摂り方でダイエットだけでなく、髪にも影響がでるからです。

 

私たち人間の体の多くは水分で構成されていますが、体の元になる皮膚や髪、血液、爪、筋肉、内臓はタンパク質で作られています。

 

ダイエットをする場合、タンパク質を減らさないようにしなければいけません。

またそれを助けるビタミン・ミネラルも同じように摂ることが大事です。

 

●タンパク質は肉・魚・卵・乳製品・豆類・玄米・全粒粉・ナッツ類など。

●ビタミン・ミネラルは野菜・海藻類・きのこ類・貝類など。

 

少量でもバランスよく摂りましょう。

 

タンパク質が不足してしまうと

タンパク質などの栄養は体に重要な血液、内臓、筋肉、皮膚などの順に廻されます。

 

そのため、髪は血の余りものといわれるくらい後回しになってしまい、真っ先に影響を受けてしまうのです。

 

薄毛だけでなく、筋力の衰え、疲労、肌のかさつきなどがあれば、すでにタンパク質が不足しているかもしれません。

 

タンパク質を摂りすぎてしまうと

髪はタンパク質

極端な食事制限のダイエットをしていると、筋肉が落ちてしまいます。そうなるのを防ぐためにタンパク質を多く摂ってしまいがちですが、これも弊害が出てきます。

 

体やエネルギーに使われなかったタンパク質は体内に蓄積されてしまうので、摂り過ぎは肥満のもとになります。

 

肥満は多くの病気の要因になり、中でも糖尿病や高血圧、脂質異常など生活習慣病の原因になることが分かっています。

 

肥満により血液中の脂肪値が高くなるとドロドロした血液になり、毛細血管までスムーズに流れません。

 

そうなると髪の毛を作る毛母細胞まで栄養が届かず、毛が育たないということになってしまいます。

 

抜け毛薄毛にならないために!血と腎を良くする食生活7つのポイント
「髪の毛は食生活で決まってしまう!」当たり前過ぎますが、食べ物が髪に及ぼす影響ははかりしれません。 漢方では「髪の毛は血の余ったもの」が栄養になるとのこと。血液は内臓へ優先的におくられ、髪の毛は後回しになるのです。 ...

 

病気が抜け毛や薄毛に関係?

ダイエットによるタンパク質の過不足は切実な問題ですが、甲状腺の病気が抜け毛薄毛に関係している場合もあります。

 

甲状腺は、食べ物に含まれるヨウ素(ヨード)を材料にして甲状腺ホルモンを作り、体の新陳代謝を活発にしてくれるのです。

 

ヨウ素は昆布やわかめ、のりなどの海藻類に多く含まれていて、昆布はとくにヨードを多く含みます。

病気による薄毛甲状腺海藻類

このヨウ素も不足や摂りすぎなどにより病気のきっかけとなってしまうのです。

 

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌が減ると新陳代謝が落ち、甲状腺機能低下症という病気になります。

 

原因は自己免疫の異常によるもので、甲状腺の働きが落ちてしまう場合や慢性甲状腺炎(橋本病)による場合などです。

 

症状としては皮膚のかさつき・太りやすくなる・むくみ・寒さに弱い・疲れやすくなる・物忘れ・集中力がない・うつ症状・抜け毛などが現れます。

 

と、なぜか私にぴったり当てはまるので怖くなってしまいましたが、これは更年期の症状にも似ているらしく、間違って他の病気として診断されることもあるそうです。

 

もし治療を受けても症状が変わらなければ、一度甲状腺の検査を受けてみた方がよいかもしれません。

 

甲状腺機能亢進症

ヨウ素の取りすぎで甲状腺が肥大すると、甲状腺ホルモンがたくさん作られ、甲状腺機能亢進症という症状がでます。

 

心拍数の増加や不整脈、血圧の上昇、多汗、手の震え、神経過敏や不安・不眠症、体重減少などの症状がみられ、人によっては大量の抜け毛もあるそうです。

 

和食中心の日本では意識しなくても標準以上にヨウ素を摂っているそうなので、意識しない方がよいようです。

 

ダイエットに良いと思って海藻類をたくさん食べたり、健康のために根昆布を毎日食べるのはあまり意味がありません。

 

海藻類は食べ過ぎても健康であれば不要な分は体から排出されてしまいますから、神経質に考えない方が良いです。

 

ダイエットや病気による抜け毛薄毛のまとめ

気軽にはじめたダイエットや健康のためと意識した食事が、抜け毛薄毛を誘発していることになっているなんて考えたこともありませんでした。

 

抜け毛薄毛にならないためには、つくづく食事のバランスが大切ということですね。

 

逆に考えると、抜け毛薄毛は体からのSOSサインでもあるので、生活習慣を見直してみると良いかもしれません。

 

無理なダイエットや病気を治すためにも、体からのサインを見逃さないようにしましょう。

 

髪の栄養におすすめサプリ

無添加育毛サプリ【マイナチュレ サプリ】

 

コメント