薄毛にドライヤーは必要?髪と頭皮にやさしいドライヤーの使い方とは

ドライヤーで髪を乾かす

「ドライヤーは髪や頭皮が傷んでしまうから、あまり使わない方がいいのかな?」と考えることがありませんか?

 

ドライヤーは、髪や頭皮を乾かすために熱風を出します。その熱風の使い方が問題になります。

 

乾かす時間を短くしたい!誰もがそうだと思います。と、なるとどうしても短時間で済ませるため、ドライヤーと頭の距離は近づいてしまうもの。

 

厚みのある髪の毛は熱を感じませんが、頭皮が熱いと感じたときはかなり熱風を浴びていたことになります。頭皮を乾かすどころか、髪も頭皮も軽いやけどに近い状態になってしまうのです。

 

だったら、薄毛なんだし自然乾燥だけでいいかといえばこれも問題ありです。

 

髪の毛のキューティクルは開きっぱなしで傷んだりはがれたり、頭皮に至っては雑菌の繁殖で炎症やフケかゆみを起こしかねないことになります。

 

ちょうど生乾きの洗濯物みたいで、時間が経って雑菌から悪臭が漂うようなものです。

 

そうならないためにもドライヤーは欠かせません。

 

髪と頭皮を守るためにドライヤーを上手く使うようにする方法が必要になってきます。

 

髪と頭皮にやさしいドライヤーの使い方

1 タオルドライはしっかりと

ドライヤーの時間を短くするためです。

タオルドライ

 

タオルで軽く髪を押さえながら水気を取ります。

次に頭にタオルをかけてタオルの上から指で頭皮を揉むようにします。

最後にもう一度、髪を押さえながら水気を取ります。

 

こうすることで、頭皮の水気を取りながらマッサージもしていることになります。

 

使うタオルはバスタオルではなく、薄く吸収性のあるフェイスタオルの方が感覚がつかめてやりやすいです。

タオルは水気や髪の長さに応じて交換してください。

 

2 ドライヤーと頭の距離は20センチ以上離す

熱風が頭皮に直接来るのを防ぐためです。

 

3 温度調節ができるドライヤーでしたら、高温ではなく中の上ぐらいの温度で

 

4 ドライヤーの当て方は髪の根元から毛先へとキューティクルの方向に

最初は手で髪をほぐしながら、8割程度乾いたら冷風に切り替えて髪を落ち着かせ、ブラシなどで髪形を整えます

 

冷風は開いたキューティクルを閉じて引き締める効果があるからです。

 

労力はかかりますが、これで頭皮と髪の負担が軽くなることを考えれば続けて行くしかありませんね。

 

薄毛に朗報、こんなドライヤーがあったとは


■髪を守るドライヤーは頭皮も守る■
ドライヤーの「髪ヤケド」から髪を守る低温ドライヤー【ヒートケア60低温ドライヤー】

ドライヤーは熱風を出すことで髪を乾かしますが、どうしても早く乾かそうとしてドライヤーを近づけて髪を傷めてしまいます。

 

ではドライヤーを髪から離せば済むかといえばそうでもなく、離して使うと低温になりすぎて髪を乾かす時間が掛かってしまうこと、摩擦により髪が傷んでしまうことが問題になります。

 

髪や頭皮は素早く乾かさないと雑菌が繁殖しやすく、頭皮の炎症や髪のダメージにつながってしまうからです。

 

このドライヤーは低温で髪や頭皮を素早く乾かすという『低温なのに速乾!』を実現しています。

 

60度の低温ドライヤーは熱を分散させて風を送り込むため、髪や頭皮にやさしくヤケドが起こらず、乾き方も均一で傷みません。

 

頭皮と髪の毛を乾かしてから育毛剤を塗っているので、すぐに乾くというのは薄毛にとってありがたいドライヤーです。

 

ただ価格が高いので考えてしまうところですが、ドライヤーにはめずらしく30日間返金保証がついているというのは自信があるからなのかもしれませんね。



ドライヤーの使い方のまとめ

髪や頭皮が良い状態に保つためには、ドライヤーの前にタオルドライと最後の冷風が特に大切です。

 

乾かし方ひとつで髪や頭皮が違ってくるとは、最初思ってもいませんでしたが、丁寧にした分だけ髪も応えてくれるのありがたいことです。

 

暑い夏は涼しい部屋でタオルドライの時間を多めにすると良いですよ。ドライヤーが少しの時間で済みますから。

 

汗で髪が濡れないようにしましょうね。

 

コメント