女性用育毛剤の副作用でハゲることがある?使ってはいけない人は?

女性用育毛剤の副作用

髪のために使っている女性用育毛剤が、いつのまにかハゲるための育毛剤になっていた・・・

 

なあんて、本末転倒な話を信じられるはずはありませんが。

 

もし自分に合わない育毛剤を使い続けているとしたら、ハゲるのもあながちウソではない気がします。

 

薬には副作用があるし、どんなに良いものでもアレルギーが起こることもあるからです。

 

育毛剤は

医薬品(医療用、一般)、

医薬部外品、

化粧品(育毛料)

と分かれていて、医薬品は効果が高い分、副作用も出やすくなります。

 

副作用は薬本来の目的以外の作用のことで、風邪薬を飲んで眠くなったり喉が渇いたりすることなどです。

 

女性用育毛剤の場合、女性用の肌にできるだけ低刺激なものとして作られているため、神経質にな必要はありません。

 

しかし医薬品のミノキシジルが配合された育毛剤には副作用が明記されていますので、使用に際しては体質や体調などを考えて使うようにした方が良いです。

 

医薬部外品・化粧品も副作用が全くないわけではありません。一般的な成分やエキスであっても反応してしまうケースもあるので、こちらも自分の体質や体調が関わっているといえます。

 

医薬品の育毛成分「ミノキシジル」の副作用は?

ミノキシジルは、最初、血管拡張剤として開発された成分で主作用でした。それに毛が増えるという副作用がわかり、今やその作用の方が主に利用されるようになったのです。

 

毛を増やすことが主目的だと今度は血管拡張の副作用が心配になります。

 

事実、血圧に影響を及ぼす可能性があるようです。

 

ミノキシジルは血圧に影響を及ぼす

ミノキシジル配合の女性用育毛剤「リアップリジェンヌ」には高血圧・低血圧の人は医師や薬剤師に相談してくださいと添付の説明書には書いてありました。

 

またリアップリジェンヌは壮年性脱毛症という中年期からの男性型脱毛症だけに有効とありました。男性型脱毛症以外には効果がないのです。

 

女性の薄毛には甲状腺機能障害(甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症)による脱毛もあるので、もし病院に掛かっていた場合はリアップリジェンヌが使えません。他にも妊婦さん、授乳中の人は使えません。

 

しかしミノキシジルの副作用はこれだけではありませんでした。

 

頭皮のニキビ、発疹、かゆみ、頭皮の炎症、めまい、頭痛、意識朦朧、多毛症、手足顔のしびれ痛み、胸の痛み、不整脈、動悸、原因不明の急激な体重増加、手足顔のむくみ、性欲減退などが起こることもあるのです。

 

むやみに副作用を恐れることはありませんが、医薬品の育毛剤を使う場合は慎重に充分検討した上で医師や薬剤師に相談したほうが無難です。

 

リアップリジェンヌのサイトに「壮年性脱毛症のセルフチェックシート」があるのでチェックしてみると良いかもしれません。

 

医薬部外品の女性用育毛剤に副作用はあるのでしょうか?

医薬部外品は人体に対する作用が緩和な予防的な意味合いと医薬品医療機器法(旧薬事法)で定義されています。

 

緩やかな作用ということで医薬部外品の女性用育毛剤の場合、副作用はほとんどありませんが、全くないということではありません。

 

女性用育毛剤では溶剤のアルコールや有効成分の抗炎症・抗殺菌作用、植物エキスでも頭皮の発疹や赤みなどの報告がわずかながらあるようです。

 

 

育毛剤植物エキス

ただ、安心といわれている植物エキスにも副作用が起こるとは、アレルギーとの関係もありますが、私たちの体がひと昔前より敏感になっている可能性も全くないとはいえません。

 

女性用育毛剤の副作用のまとめ

ミノキシジル配合の育毛剤は医薬品であるため、それなりの効果がありますが、副作用があるので自分が壮年性脱毛症だと予め知っておく必要があります。

 

ただ女性の薄毛のタイプは幅広く壮年性脱毛症ではない場合も多いので、病院を受診するのが良いかもしれませんね。

 

それもちょっとためらう時は、副作用の心配がさほどない低刺激の女性用育毛剤(医薬部外品)を使ってみたほうが良いのではないでしょうか。

 

私も敏感肌のアレルギー持ちなので、出来るだけ添加物や刺激物のない育毛剤を選んで使っています。

 

おすすめは

無添加育毛剤マイナチュレ

完全無添加の発毛・育毛ミスト[M-1]

最後に、薄毛解決への早道には自分の体を健康な状態に保つこと、これが出来ればこんなに苦労しませんが、やはりこのことが一番重要ですね。

 

コメント